supaneba’s blog

50代半ばの私が好きな事、興味がある事をメインに綴ります。

【本】たゆたえども沈まず


f:id:supaneba:20210619054224j:image

誰も知らない、ゴッホの真実。 天才画家フィンセント・ファン・ゴッホと、商才溢れる日本人画商・林忠正。 二人の出会いが、〈世界を変える一枚〉を生んだ。 1886年、栄華を極めたパリの美術界に、流暢なフランス語で浮世絵を売りさばく一人の日本人がいた。彼の名は、林忠正。その頃、売れない画家のフィンセント・ファン・ゴッホは、放浪の末、パリにいる画商の弟・テオの家に転がり込んでいた。兄の才能を信じ献身的に支え続けるテオ。そんな二人の前に忠正が現れ、大きく運命が動き出すーー。『楽園のカンヴァス』『暗幕のゲルニカ』の著者による アート小説の最高傑作、誕生! 2018年 本屋大賞ノミネート!

(幻冬舎HPより)

 

昨日読み終えた本は原田マハさんの「たゆたえども沈まず」

 

フィンセント・ファン・ゴッホと彼を支え続けた弟テオ、フランスに渡り日本の美術作品を販売した忠正と重吉、どこまでが真実でどこがフィクションなのか、

ゴッホに関してあまり知識がなかった私には全てが真実であるかのように思え、本の世界に引き込まれていきました。

互いに認めあい、側にいたいのに、側にいるとうまくいかないそんなフィンセントとテオの関係、フィンセントが自殺した後を追うようになくなったテオ、せめてテオの妻ヨーと息子フィンセントが存命中にフィンセント・ファン・ゴッホの絵が、世の中に認められて幸せになって欲しい。

読み終えた後、実際はどうだったのか、確認したいようなしたくないような、複雑な思いが残りました。

原田マハさんの他の作品も読んでみたいと思わせる1冊でした。